肌の仕組み

日焼けを防いで小じわをブロック!オススメ予防法を教えます

投稿日:

小じわの原因はさまざまですが、意外と見落とされがちなのが日焼け!

知らないうちに日に焼けて、知らないうちに小じわが増えている・・・

夏でも冬でも、紫外線はおかまいなしに襲ってくるので、ちょっとしたホラーです。

今回は、日焼けと小じわの関係と、オススメ予防法を確認してみましょう。

日焼けによる小じわの魔の手から、お肌を守る、必須知識です。

日焼けで小じわ!その犯人は紫外線

紫外線の影響で日焼けをすることは有名でも、その結果として小じわが増えることは、あまり知られていません。

紫外線によるお肌の老化現象を「光老化」と呼びます。シミやたるみを誘発するだけでなく、小じわや、本格的なしわも招きます。

お肌のターンオーバーが妨害されるのも、保湿力が下がるのも、すべて紫外線による「光老化」が原因です。

 

小じわを招くのは紫外線A波

紫外線には、波長の長さで分けられた、三つのタイプが存在します。

「UV-A波」「UV-B波」「UV-C波」の名称で知られていますが、C波はオゾン層に阻まれて地上に届くことはありません。

日焼けにおいて気を付けなければならないのは、A波とB波の二つです。

UV-B波は、肌の表皮で作用して、炎症を引き起こします。

対して、UV-A波は、より深い肌の真皮で作用します。

真皮には、コラーゲンやエスラチンといった肌のハリに欠かせない成分が存在しますが、UV-A波は、これらを破壊してしまいます。

小じわを招く、最大の犯人は、お肌のハリを失わせるUV-A波だったのです。

 

小じわを出さない!オススメの日焼け予防法は?

なかなか防ぐのが難しい紫外線。曇りの日でも届きますし、乱反射もしてきます。

知らないうちに日焼けしていることもあるので、予防法と日焼け後にできる対策法を、合わせて確認していきましょう。

日焼けを予防して小じわを防ぐ

日焼け止めを活用

いちばん効果的な予防法。効果時間が決まっているので、2~3時間ごとに塗りなおす必要があります。日焼け止めを選ぶときは、お肌を守る目安として「UV-B波」はSPF値、「UV-A波」はPA値に注意です。

 

服装や小物でブロック

人によっては、日焼け止めの成分が肌に合わないこともあります。また、ベタつき感や塗り直しがイヤな場合もありますよね。そんな時は、服装を工夫しましょう。黒や紺の長袖だけでもブロックできますし、UV加工であれば、何色でも大丈夫です。日傘や帽子、サングラスなども活用すれば、顔周りや頭皮、目元など、要所のブロックも強化できます。どれも、UV加工品を使うのがベストです。

 

食事で日焼けに強い肌を

毎日の食事に気をつけて、日焼けに対抗できる栄養を摂っておくことも大事です。メラニン色素の生成を抑えてくれるビタミンCや、細胞の再生を助けるミネラル類はもちろんですが、積極的に摂りたいのは活性酸素を減らす「抗酸化物質」です。老化を抑える作用があるので、日焼けに強い肌を作ってくれます。

抗酸化物質が豊富な食材はこちら。

ビタミンE:ナッツ類・アボカド・植物油・ウナギなど
ビタミンA:カボチャ・ニンジン・ホウレンソウなど
リコピン:トマト・スイカ・バナナなど
ポリフェノール:赤ワイン・黒ゴマ・緑茶など

 

日焼け後にできる小じわ対策は?

まずはクールダウン

真っ赤に日焼けしてしまった!お肌がヒリついて痛い!こんな状態になったら、真っ先にしておきたいのがクールダウン。

炎症を最低限に抑えて、乾燥を食い止めます。濡れタオルや保冷ジェルを活用すると良いでしょう。

炎症が長引くほど、お肌のコラーゲンやエスラチンが破壊されていくので、スピード勝負です。

 

水分補給はお肌にも

クールダウンでお肌が落ち着いたら、失った水分を補給しましょう。

スポーツドリンクなどを飲んで、内側からの補給も大切ですが、保湿化粧水で外側からサポートすることも忘れてはいけません。

刺激の少ない敏感肌用がオススメ、クリームでコーティングして水分の蒸発を防ぐのもお忘れなく。

 

日焼け予防は小じわの予防!アフターケアもしっかりと

隠れた小じわの原因、紫外線。うっかり日焼けしてしまうと、じわりじわりと小じわが増えることに。

日焼け止めアイテムを使いこなして、対処していきましょう。強いお肌を食事で作り、万が一の日焼けの後は、クールダウンと保湿でダメージを食い止めます。

小じわなんて怖くない!そんな毎日を過ごしてみませんか。

-肌の仕組み

Copyright© シズカゲルの効果や口コミを36歳美容マニアのオカマが分析! , 2018 All Rights Reserved.